飲料メーカー向け転職エージェントランキング

飲料メーカーの転職を成功させるポイント

転職先として人気の高い飲料メーカー。実際の仕事内容や年収相場などの基礎知識から人気の飲料メーカーの特徴など、転職前に知っておきたい情報を集めました。

もう一つ転職準備に欠かせないのが転職エージェントの活用。親身になってアドバイスやサポートをしてもらえますので、一人の転職活動よりずっと心強いです。オススメの転職エージェントはリクルートグループが運営するリクルートエージェントです!

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ■飲料メーカーの求人情報であれば転職成功実績No.1のリクルートエージェントが1番です。
  • 約30万人が転職に成功しているリクルートエージェントで飲料メーカーに転職しませんか?
  • ■新卒でも中途採用でも経営的にも安定している飲料業界への就職や転職を徹底支援します。
  • 開発職や研究職など数少ない飲料メーカーの求人案件もリクルートエージェントなら探せます。
  • ■飲料メーカーの求人に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたの希望を叶えます。
  • ■営業職からマーケティング職まで飲料メーカーの求人ならば質も情報量も断然トップクラス
  • ■キャリアアドバイザーが飲料メーカーで働きたいあなたの強みを引き出し最適の求人をご紹介。
  • ■飲料メーカーの求人の紹介だけでなく応募書類の書き方から面接日程の調整まですべて代行

マイナビエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • 年間200万人が登録しているマイナビエージェントには飲料メーカーの求人情報が豊富!
  • 飲料業界の求人専門のキャリアコンサルタントがあなたの希望するような仕事をご案内。
  • ■元飲料メーカーでの勤務経験があるキャリアコンサルタントが就職や転職をアドバイス。
  • ■製造や生産管理の求人情報も飲料メーカーとのつながりが強い法人担当が実情を教えます。
  • ■大企業が多い飲料メーカーへの就職や転職ならマイナビエージェントが最後までサポート!
  • ■気になる飲料メーカーの求人情報があれば気軽にキャリアコンサルタントにお尋ねください。
  • 高年収や福利厚生が充実した飲料メーカーの非公開求人情報もあなたに担当者がご紹介。
  • ■飲料メーカーに就職や転職をして海外で働きたい方もマイナビエージェントなら夢が実現

DODAエージェントサービス
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ■日本最大級の転職支援サービスのDODAには飲料メーカーの求人情報も驚くほど豊富です。
  • たくさんの人材エージェントとも提携しているので思いがけない飲料メーカーの求人も!
  • ■専任のキャリアコンサルタントが就職や転職を希望する飲料メーカーの求人情報をご紹介。
  • ■レジュメをご登録いただくとあなたに興味をもった飲料メーカーからスカウトもあります。
  • ■DODAに登録することで飲料メーカーへの就職や転職を希望するあなたの市場価値が把握可
  • ■飲料メーカーの要とも言える経営企画の求人情報もキャリアコンサルタントが紹介可能です。
  • ■求人情報だけでなく気になる飲料メーカーの年収の金額もDODAの年収査定サービスで試算
  • ■飲料メーカーの求人情報に詳しいキャリアコンサルタントが各企業の採用基準を教えます。

飲料メーカーの求人市場の「今」は?

安倍政権の経済政策であるアベノミクス効果で、確実に日本の景気が回復しています。景気回復を示す経済指標をみると政権交代後の円安や株高を背景にして、百貨店などで高額のお歳暮商品が売れるなど消費も堅調です。また飲料メーカーなどの製造業も景気の好転で、業績が改善されてきています。

景気回復を示すもう一つの指標が厚生労働省が発表する有効求人倍率ですが、2008年に起きたリーマン・ショック前の水準にまで改善されました。また2013年4月30日に発表された同年3月時点での完全失業率も、前月比で0.2ポイント減少して4.1%でした。その後も完全失業率は僅かですが改善を続け、有効求人倍率も上昇傾向にあります。

それを受けて飲料メーカーの求人市場も活発化していて、特にキリンビバレッジから発売されたトクホ飲料水「キリンメッツコーラ」の爆発的な大ヒットで、飲料メーカーは相次いで特定保健用食品に注目しています。キリンメッツコーラは2012年4月24日に発売されてから、2013年6月には累計販売数が2億本を突破しました。

その後もキリンメッツコーラは売り上げを伸ばしていて、累計販売数がまもなく3億本を突破しようとしています。糖類ゼロで難消化性デキストリンが配合されていて、脂肪の吸収を抑えるという謳い文句で、コーラでありながらトクホというざん新さが受けたようです。保健機能食品が1991年に制度化され、健康食品ブームもありトクホは順調に拡大を続けてきました。

しかし2008年のリーマンショックで景気が低下すると、割高なトクホの需要は急速に冷え込でいきました。ところが2012年末の政権交代後のアベノミクスが効を表し、キリンメッツコーラが発売したキリンメッツコーラのヒットで、トクホの需要に再び火が付いたようです。2013年11月13日にはサントリーがペプシコーラのトクホ飲料水「ペプシスペシャル」を発売し、同年11月20日には今度はアサヒ飲料がトクホ炭酸飲料水「アサヒファイバー7500」の発売を行いました。

さらに2014年春には花王もコーヒー飲料の、トクホ商品の発売を予定しています。花王では2003年に初めて高濃度茶カテキンが配合されたトクホ飲料水「ヘルシア緑茶」を発売し、トクホに指定された飲料水では唯一エネルギーとして脂肪を消費しやすくするという表示が許可された飲料メーカーです。

飲料メーカーの求人探しであればリクルートエージェントやマイナビエージェントなど、当サイトのランキング上位の転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。あなたが希望するような条件の求人を、転職エージェントの担当者が紹介してくれます。

飲料メーカーの中途採用

2013年はいろいろな意味で、変動の1年だったと言えます。政権交代でこんなにも一つの国の経済が、変わるものかと感じた方も多いと思います。それまで円高だった為替が円安になり、企業の株価が値上がりし、アッと言う間に日本経済が回復しました。その恩恵を受けた業界も多く、飲料メーカーのその中の一つです。

それまで転職したくても不景気で求人が少なく、様子見だった人がここに来て積極的に動き出しています。転職の目的もさまざまですがせっかく転職するのであれば、少しでも給与を上げたいと願うのは人情です。もし給与を上げたいのであれば、経営が安定していて業績がよい企業を調べ、中途採用を行っているか情報収集することが大事です。

飲料メーカーではサントリーホールディングスが抜きん出ていますが、その他のメーカーはシェア争いで一進一退を繰り返している情況です。また飲料メーカーは設備投資や広告費が掛かり、そのほとんどが資本を持った大企業です。そのため激しい競争を繰り返している飲料メーカーですが、ある意味ではとても安定している業界とも言えます。

また飲料メーカーは他の業界と比べると離職率がとても低く、終身雇用制度が崩壊したと言われている日本でも定年まで安心して働ける環境にあります。また給与だけでなく福利厚生面でもとても恵まれているところが多く、転職者にとっても非常に魅力的な業界です。例えばサントリーホールディングスの平均年齢は42.2歳で、平均勤続年数は16.7年で平均年収も990万7335円ととても恵まれています。

福利厚生面も年間の休暇は121日で、基本的には土日が休みの週休2日制で、年次有給休暇の他に慶弔休暇・リフレッシュ休暇・育児休職・介護休職などがあります。また保険も健康保険・雇用保険・労災保険・厚生年金保険が完備されていて、法人会員施設や会員制福利厚生会社サービスの適用があります。この他にも共済会や独身寮や社宅があり、独身の社員用の寮も会社の借り上げマンションで家賃も月8000円程度で借りれます。

サントリーホールディングスでは不定期にビジネス部門と、生産研究部門の経験者採用を行っています。サントリーホールディングスに限らず飲料メーカーの中途採用情報は、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントで知ることができます。これらの転職エージェントに登録すれば、担当者が飲料メーカーの求人を紹介してくれます。


Copyright (C) 2014-2018 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.