飲料メーカー求人<開発・研究>

飲料メーカー転職TOP >> 職種別の飲料メーカー求人 >> 飲料メーカー求人<開発・研究>

飲料メーカー求人<開発・研究>

飲料メーカーで商品化に必要な原材料の研究したり、既存の飲料水とはまったく異なる味を開発したいと考えている方もいると思います。しかし一口に飲料メーカーと言っても日本酒やウイスキーやワインやビールなどのアルコール飲料と、清涼飲料水や炭酸飲料水やコーヒーなどのソフトドリンクでは研究内容も開発の過程も違ってきます

例えばアルコール飲料も最近では少子高齢化や、若者が日本酒やウイスキーなどをあまり飲まなくなりました。そのため日本酒メーカーやウイスキーメーカーなどは、どこも売り上げを落とし苦戦しています。しかしその情況はワインやビールなど同じで、ビールの売り上げもここ8年連続で過去最低を更新しています。

ビールも発泡酒や第三のビールと呼ばれる新ジャンルの商品が、次々に開発され一時はビール系飲料にも回復の兆しが見えました。ビールは本来は大麦を発芽させた麦芽をビール酵母で発酵させたアルコール飲料ですが、1990年代に入るとビール風味の発泡アルコール飲料が開発されました。

発泡酒とは酒税法でビールと区別して定義されているアルコール飲料の一つで、ビールに比べると価格が安いことから2000年代の前半まではビールに代わって売り上げを大きく伸ばしました。しかし2度に渡る酒税の改正や第三のビールの登場で、割安感が失われ2000年代の後半ぐらいから売り上げが失速し始めました。

さらに発泡酒は味があっさりしていて女性を中心に人気がある一方で、ビールに比べると味が薄いとか苦みが足りないとか発泡酒の人気にも陰りが見え始めたのです。そこで各ビールメーカーはさらなる研究を重ねて、新ジャンルの第三のビールを開発したのです。第三のビールとは原料に麦芽を使わず、発泡酒に麦から作られたスピリッツや焼酎を混ぜるものです。

ビール風味の発泡アルコール飲料ですが、酒税法上はあくまでもビールではありません。第三のビールが開発された背景には2003年に施行された酒税法の改正で、それまでビールよりも税率が低かった発泡酒の売れ行きが落ちることを懸念した各ビールメーカーが発泡酒より低税率の新商品を研究し開発したのです。

飲料メーカーの開発や研究はビールなどのアルコール飲料だけでなく、清涼飲料水などのソフトドリンクでも行われています。例えばキリンビバレッジから発売されたトクホ飲料水のキリンメッツコーラの爆発的な大ヒットで、各飲料メーカーはトクホ飲料水の研究開発を行い新商品を次々と発売しています。飲料メーカーの開発職や研究職の求人は決して多くはありませんがリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録しておけば、求人情報を優先的に教えてくれます。

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.