飲料メーカー求人<経営企画>

飲料メーカー転職TOP >> 職種別の飲料メーカー求人 >> 飲料メーカー求人<経営企画>

飲料メーカー求人<経営企画>

飲料メーカーのような比較的に大手の企業には必ず経営企画部や、新規事業を立ち上げる事業企画部が存在します。経営企画の定義は各飲料メーカーによってその定義が異なりますが、基本的には会社経営のための短期および中長期の計画立案を行い、それを実行するための最適な経営資源の配分を実施することです。

計画立案も内需の縮小が避けられない現状のなか他の企業との経営統合やM&Aなどの経営戦略や、中国や東南アジアをはじめとする海外市場に活路を求める飲料メーカーの海外進出に関するものが目立ちます。飲料メーカーによる経営統合やM&Aはここ近年は活発化していて、その背景には日本国内の少子高齢化があります。

具体的には2011年3月30日にサッポロがポッカグループを連結子会社化し、サッポロ飲料とポッカとの経営統合が行われ、新会社であるポッカサッポロフード&ビバレッジが設立されました。ポッカは1957年に合成レモンの製造を行うニッカレモン株式会社として創業し、1972年には本格缶コーヒー「ポッカコーヒー」を発売しました。

その後も温かい缶スープなどを世界で初めて開発し、缶コーヒーや缶スープを主に自動販売機で販売し業績を伸ばしてきました。そして1985年には名証1部に上場を果たし、1988年には東証1部に上場しました。しかし2005年に企業買収で上場を廃止し、2008年1月には明治製菓と資本および業務提携を行い同社の持分法適用会社となりました。そして2009年9月29日にサッポロホールディングスと資本および業務提携を行い、2011年3月30日に新会社が誕生しました。

ビールや発泡酒や第三のビールなどビール系飲料では国内で3番目の売り上げのサッポロホールディングスですが、創業140周年となる2016年からは経営統合やM&Aだけでなく、ビールなどアルコール飲料に限らず海外展開を行っていくと宣言しました。このように経営企画部の仕事は会社の将来を決めかねない大事なポジションです。

従業員数が100名以下程度の規模が小さい会社であれば、経営者が自ら経営企画を担当することもありますが、飲料メーカーほどの規模になれば経営者の判断だけでは手に負えなくなります。非常に難しい業務内容ですが、遣り甲斐もあります。もし飲料メーカーで経営企画の仕事に関わりたいのであれば、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者が、あなたの力になってくれるでしょう。

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.