飲料メーカー求人<人事>

飲料メーカー転職TOP >> 職種別の飲料メーカー求人 >> 飲料メーカー求人<人事>

飲料メーカー求人<人事>

一般的に人事の仕事といえば営業などとは異なり、成果が数字に表れるものではなく、スキルアップに不安を抱いている担当者もいます。特に若い人事担当者などは将来の自分の、キャリア形成に不安や不満を抱えています。人事の仕事も労務や社員教育や育成から、採用や社内の人事管理に関わるなどその業務の幅もさまざまです。

そのため会社の規模が小さいところでは、人事担当者も総務の業務を兼任していたり、なかには経理や財務の仕事を兼任している場合もあります。社員数が100人以下の小さい会社であれば営業事務や、法務や広報などの業務を兼任している人事担当者もいます。このように会社の規模によって人事での仕事もさまざまで、新卒や中途採用が業務のメインだという人は意外と少ないようです。

では飲料メーカーの、人事の場合はどうでしょうか。ほとんどの飲料メーカーの人事の場合は新卒や中途の採用が業務のメインで、総務の業務を兼任することはあっても、経理や財務の仕事や法務や広報などの業務を兼任することはありません。また採用業務だけでなく最近では経営統合やM&Aが、盛んに行われている飲料メーカーの人事の仕事も多様化しています。

例えば経営統合やM&Aが行われると、新たな人事制度の構築が欠かせません。また新たな人事制度の構築を行うためには、人事評価も従来と同じようにはいかず、全社員が納得するような制度の構築が必要になってきます。またそれに伴って、人事転換などの業務も増えてきます。さらに事業部によっては人員を増員したり、逆に削減したり人員計画や大事な仕事です。

さらに最近では少子高齢化もあり日本国内の市場に陰りが見え始めていて、各飲料メーカーとも積極的に中国や東南アジアなど海外進出を行っています。そのため国内の人事だけでなく、海外での新規事業の立ち上げのための人材の確保や、新たな採用という難しい仕事が待っています。

人事の業務は仕事の成果が見えにくいので自身の目標設定が出来なかったり、正当に評価されていないのではと不安になったり不満を抱えることもあるかもしれません。しかし飲料メーカーでの人事の仕事は、とても遣り甲斐があります。もし今の会社で人事の仕事に携わっていて不安や不満を抱えているのであれば、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者があなたの抱えている、不安や不満を解消してくれるでしょう

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.