飲料メーカー求人<総務>

飲料メーカー転職TOP >> 職種別の飲料メーカー求人 >> 飲料メーカー求人<総務>

飲料メーカー求人<総務>

総務の仕事と一言でいってもその業務の範囲は、その企業の業種や置かれているビジネス環境によっても変ってきます。企業の規模が大きければ大きいほど、総務の業務範囲も多様化してきます。会社の規模が小さいところでは総務の仕事も一つの部署でも十分にこなせますが、会社の規模が大きくなればそれだけ社員数も増え、さまざまな管理が難しくなってきます。

飲料メーカーの総務部ともなれば総務部の業務も人事管理や労務管理だけでなく、文書管理や固定資産管理やシステム管理など多種多様な管理業務を行わなければいけません。さらに社内広報や会議の準備や内部監査や、株式管理やリスクマネジメントなども総務の大事な仕事です。また飲料メーカーは社員数も多いので福利厚生の手続きや、冠婚葬祭や各種イベントや会社の行事の準備などもあります。

特に各飲料メーカーとも優秀な人材の確保は社運を賭けた大事なことで、そのための募集と採用も短期および中長期の人事計画に基づいて実施されます。ほとんどの飲料メーカーでは新卒の定期採用を行っていますが、その年の退職予定者を把握してさらに新規事業などの計画があれば、各部門の要求を受け入れながら人事担当者と相談しながら決めていきます。

そして新卒の定期採用数が決まれば今度は各大学に対して採用情報の提供や、企業説明会や就職サイトや就職情報誌などへの掲載の準備を行います。特に2014年度採用の大学生の就活解禁時期が、現行の3年生の12月から3年生の3月へと繰り下げられ、飲料メーカーの総務部もその対応に追われています。そのため例年よりも早めに採用計画を立てるなどして、他社に後れを取らないようにしています。

また総務の仕事は新卒の定期採用だけでなく、1年間の中である時期に仕事が集中して忙しくなる時があります。例えば4月は新入社員が入社してくるので、健康保険や厚生年金保険や雇用保険などの社会保険の加入手続きや、オリエンテーションの準備や実行があります。5月に社員の健康診断を行う会社も多くその準備に追われ、6月に入るとボーナス支給のための準備や手続きを行います。

また株主総会や社員総会など大変な業務もありますが、飲料メーカーの総務部で働く場合はそれだけいろいろな経験が積めキャリアアップもできます。もし飲料メーカーの総務部で働きたいのであればリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者があなたが要望を聞き、希望するような飲料メーカーの求人情報を紹介してくれます。

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.