飲料メーカーの履歴書の書き方

飲料メーカー転職TOP >> 飲料メーカー求人探しの基礎 >> 飲料メーカーの履歴書の書き方

飲料メーカーの履歴書の書き方

新卒者の就職活動には必ず応募書類として、履歴書の提出を求められるのが普通です。また転職する際には最近では履歴書の他に、職務経歴書を求める企業も多くなってきています。ただ職務経歴書の場合は業界によって、その書き方が大きく変わる事はあまりありません。しかし履歴書にしても職務経歴書にしても、書き方についてのいくつかの注意点があります。

景気が回復し確かに以前と比べると求人数も増えてきましたが、給与面など他よりも少しでも条件がよい求人案件には、応募者も多いと考えたほうが無難でしょう。そのため中には何故か応募書類が、なかなか通過しないと嘆いている人もいます。履歴書の書き方ぐらいは誰でも知っているつもりですが、そこに落とし穴があり履歴書は求職活動を行う上で大切なファクターのひとつです。

まず頭に入れていて欲しいことは履歴書は就職活動や転職活動する際に、ただ単に求人を行っている企業が求めている応募申込の書類ではないということです。つまり履歴書も求人先の企業の採用担当者があなたを採用するか、その時点で不採用にするかを決める判断材料になる審査書類だと考える必要があります。

まず履歴書を手書きにするか、パソコンで作成するか迷う人もいると思います。もし手書きでと求人情報に書かれていれば、当然のことですがそれに従うしかありません。しかし最近では履歴書をパソコンで作成しても、問題ないという採用担当者が増えています。ただもし書道を習っていたり字が綺麗な方は、手書きで履歴書に記入した方が採用担当者の印象に残りよいかもしれません。

またパソコンで作成する際に気を付けたいのは、文字の変換ミスで誤字にならないようにすることです。もし文字を変換する時に自信がなければ、必ずウェブ上でその文字が正しいかどうか確認して下さい。さらに誤字だけでなく脱字などや記入漏れなどにも、充分に気を付けて何度も確認するようにして下さい。

次に資格や免許の欄ですが、まだ取得していないものも記載することが可能で、その場合は勉強中と書きます。また取得している資格や免許だけでなく勉強中のものも、すべて正式名称と等級なども合わせて記載します。最後に履歴書の中で最も大事なのが、自己PRと志望動機の欄です。採用担当者があなたの強みが何であるのかや、いくつかある飲料メーカーの中で何故その会社を選んだのかを知る判断材料になるからです。

もし履歴書の書き方に不安があるのであればリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録されることをお勧めします。転職エージェントの担当者があなたが驚くほど、履歴書の書き方を親身になって添削してくれます。

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.