飲料メーカーの志望動機

飲料メーカー転職TOP >> 飲料メーカー求人探しの基礎 >> 飲料メーカーの志望動機

飲料メーカーの志望動機

売上高が業界ナンバーワンのサントリーホールディングスは飲料メーカーの中では、売上高が連結の場合で1兆8,027億91百万円でサントリー単独の場合で552億16百万円です。サントリーの社歴は古く1899年2月に創業者の鳥井信治郎が、ブドウ酒の製造販売を目的に鳥井商店を開いたのが始まりです。

また意外と知られていませんがサントリーは1928年に横浜市にあったカスケードビールを買収しビール事業に参入したのですが、大手ビールメーカーの反発に遭い1934年にビール事業から撤退をしています。しかし1963年に当時の社長だった佐治敬三氏が再びビール事業に参入することを表明しました。その理由として佐治氏は「洋酒が絶好調で作れば何ぼでも売れる状態では、努力しなくても売れることに慣れ会社がやがて傾く。だからビールに再進出した」と語っています。

しかしサントリーのビール事業はその後40年間も赤字続きでしたが、2005年から全てのビールを天然水仕込に変更し同年に発売した「ザ・プレミアム・モルツ」がビールとして日本初のモンドセレクション最高金賞を3年連続で受賞します。さらに2007年に発売した第三のビールの「金麦」の売り上げが好調で1963年から始めたビール事業が45年目にして初めて黒字となりました。

このようにサントリーは当初は赤玉ポートワインやウイスキーなどアルコール飲料が主な商品でしたが、その後は1980年代からは清涼飲料も取り扱いを始め伊右衛門や、特定保健用食品の黒烏龍茶やなっちゃんシリーズなどで売り上げを伸ばしてきました。さらにアメリカのスターバックス社と提携し、チルドカップコーヒー「スターバックス・ディスカバリーズ」をコンビニでも販売しています。

飲料メーカーに転職を希望する場合に、大事になるのが履歴書の志望動機の欄です。飲料メーカーの人事担当者が注目するのは職歴や資格もですが、なぜ自社に応募したのかその志望動機を知りたいのです。転職活動でなかなか応募書類が通過しないと、嘆く人の多くが志望動機の書き方に問題があります。

応募する飲料メーカーのホームページや会社四季報ぐらいには目を通して、その企業の方向性や社長が考えていることなどは把握すべきです。自分がその企業で働きたいとかではなく、その企業が求めている人材であることを志望動機の欄でアピールすることです。もし担当者がに不安がある方はリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録されることをお勧めします。

転職エージェントの担当者があなたと一緒になって、飲料メーカーへの志望動機の書き方を考えてくれます

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.