飲料メーカーの給料相場

飲料メーカー転職TOP >> 飲料メーカー求人探しの基礎 >> 飲料メーカーの給料相場

飲料メーカーの給料相場

これまで転職したくても不景気で様子見だった人が、景気が回復し積極的に転職活動に動き出しています。終身雇用制度や年功序列制度が崩壊しすでに死語になった日本では、いつ誰がリストラに遭って別に珍しいことではありません。しかし日本たばこ産業が2013年9月の中間決算で2371億円の過去最高の利益を上げているにも関わらず、国内にある9つの工場のうちの4つの工場を閉鎖すると発表した時は流石に驚いた方が多いようです。

日本たばこ産業では国内のたばこの売り上げが減っていることを理由に、2015年3月までに4工場だけでなく自動販売機の開発や製造販売を行っている特機事業部までも廃止し、1600人という大規模なリストラに踏み切ったのです。日本たばこ産業が敢行した今回のリストラはパナソニックなど、経営に苦しんでいる家電メーカーが行っているリストラとは意味が大きく違います。

これまでの転職はどちらかといえば少しでも年収を上げたいと考えている人が多かったのですが、日本たばこ産業が行ったリストラを耳にして、できるだけリストラなどがない安定した業界へ転職を考え始めています。その点では飲料メーカーは他の業界と比べると設備投資や広告費にもお金が掛かり、資本を持った大企業が多く経営的にも安定しています。

さらに飲料メーカーはマスコミと並んで最も離職率が低い業界で、終身雇用が崩壊したいわれる日本で定年まで働く社員がほとんどです。また飲料メーカーの給料相場も売上高が業界ナンバーワンの、サントリーホールディングスの場合で平均年収も990万7335円ととても高い水準です。2位の伊藤園の場合は平均年収は547万円ですが、平均年齢も35.4歳と若いので他の業界と比較すると高いと言えます。

3位のコカ・コーラウエストの平均年齢は42.8歳で平均年収が651万円ですから、民間企業で働くサラリーマンの平均年収が408万円ですからかなり高いと言ってもいいでしょう。4位はアサヒグループホールディングスですが平均年齢は41.4歳ですが、平均年収は売上高が1位のサントリーホールディングスよりも高く996万円です。

この他にも明治ホールディングスの平均年収は996万円と高く、上場している飲料メーカーの平均年収は568万円なので同じ飲料メーカーでもかなり差があります。経営的にも安定している飲料メーカーですが、どうせ転職するのであれば年収アップを図りたいものです。ではどうすれば、年収アップを図れるのでしょうか。それはリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、転職エージェントに登録することです。

転職エージェントの担当者に希望年収を伝えれば、飲料メーカーの求人を紹介してくれます。ただ市場価値がそれに値する方の場合ですが、自身の市場価値を知る意味でも、転職エージェントに登録することをお勧めします。

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.