飲料メーカーの採用基準

飲料メーカー転職TOP >> 飲料メーカー求人探しの基礎 >> 飲料メーカーの採用基準

飲料メーカーの採用基準

飲料メーカーにもサントリーやキリンのようにワインやビールなどアルコール飲料が主なところもあり、コカコーラウエストや伊藤園のように清涼飲料やコーヒーなどのソフトドリンクが主なメーカーとに分類されます。ビールの売り上げはキリン・サントリー・アサヒグループ・サッポロの、大手4社がほぼ日本国内の市場を独占しています。しかしビールの売り上げは急速に進む少子高齢化で、1994年を境に減少の一途を辿っています。

そのため2009年にはキリンとサントリーのビール部門の経営統合が検討されましたが、結局この経営統合の話しは不調和に終わり2010年春に見送られました。しかしその後もこの大手4社は内需の縮小を憂い、持株会社化による子会社の再編や海外の企業買収を積極的に行っています。この背景には少子高齢化だけでなく若者の、日本酒やウイスキーなどアルコール飲料離れもあり、各社とも清涼飲料などのソフトドリンクの開発に力を入れ始めています。

そんななか最近キリンが2012年4月24日に発売したトクホ商品の「メッツコーラ」が、発売からおよそ1年間で累計販売数が2億本を突破しました。不景気もあり売り上げが落ち込んでいたトクホに注目ですが、景気回復の兆しが見えてきたこともあり、節約志向で買い控えられていたトクホが再び売れ始めたのです。

トクホの清涼飲料は一般の清涼飲料と比べてわずか10円か20円ほど高いだけでしたが、それでも不景気の時はなかなか売れず苦戦を強いられていました。しかし景気の回復と共にコーラでありながらトクホという意外性が、健康志向の大人たちの間でブームに火が付き2013年末には累計販売数が3億本を突破しようとする勢いです。

多くの業界の中でも経営が安定している飲料メーカーの採用基準ですが、基本的には他の業界の採用基準と大きく異なることはありません。例えば中途採用の場合はほとんどの人事担当者は応募した方のそれまでの経験やスキルに、資格や専門性がある技術力などを採用の基準とします。しかしその一方で学歴や出身校などはあまり採用基準に関係なく、上場しているような大手企業でのキャリアもそれだけで採用の決め手になることはありません。

もし飲料メーカーの採用基準をもっと詳しく知りたいのであればリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が、知りたい飲料メーカーの採用基準を教えてくれます

飲料メーカーの求人数が多い転職エージェントの紹介!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
支援エリア 全国ok
オススメ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2014-2022 飲料メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.